医療機器について

医療機器選定のポイント

さまざまな医療機器のイメージイラスト

医療の世界が日進月歩であるように、医療機器についても常に新たな技術・機能を持った製品が誕生しています。ご開業にあたっては、先生が理想とされる医療を実現するために、ご勤務時代に不満を感じていた機能など解消された最新の機器を導入したいお考えになることが当然でしょう。
しかし、医療機器の導入には大きな費用負担が必要となり、その後のメンテナンスや設置スペースの問題なども含めた使い勝手を検討することが必要ですので、最高スペックの最新機器だけが正解ということにはなりません。
また、借入やリースを利用する場合には固定費としての負担が必要になりますので、無理のない選定を行うことが重要になります。

バランスの良い選定を行うために

理想と現実のバランスイメージ画像

医療機器選定は、先生が理想とされる医療を如何に実現できるかということが前提になりますが、収入と支出、集患・増患の両面から導入される機器を絞り込むことも必要になります。経営面から費用対効果とのバランスを意識することで、過剰な高い買い物を避けることが重要です。

特に、集患・増患を考える上では、開業地にニーズと競合医療機関について検討することが必要です。
大きな費用をかけてどれだけ高性能な機器を導入しても、ニーズがなければ本当の意味でその機器の能力を発揮できるとは言えません。専門家の協力を得ながら、地域住民(見込み患者さん)の属性と想定される稼働率を試算することが重要であり、MRIやCTのように非常に高額な医療機器を検討している場合には必須事項と言えます。
また、検討にあたっては診療圏調査のデータも有効になりますので、ウエルシア薬局のようにこれらをワンストップでご提供できる専門家に相談されることをお勧めいたします。

Page Top