物件選びについて

盛業への第一歩は物件選びから

物件選びのイメージ画像

医院・クリニックを開業される場合、それがどんな診療科目・診療スタイルであっても、物件選びを間違えてしまえば、盛業への道程は遠くなってしまいます。
逆に、選んだ物件が、地域住民の暮らしの導線や、日常生活と密接に関連した施設と自然に交わることで認知を強めることができれば、先生の盛業は確かなものへの近づいていきます。
また、立地とともにその形態(テナントなのか戸建てなのか)を適切に選択することも、来院への導線だけでなく、コストを含めた盛業への大切な要素となって参ります。

物件の立地について

物件選びにおいて重要になるのは、まずは立地です。駅前または幹線道路沿いであれば、利便性の高さに基づく集患を見込むことができます。駅構内や近隣の主要な交差点付近などに看板などを出すことの効果も、住宅地などに比べて高まると考えられます。

また、日常生活のランドマーク(買い物などで日々多くの地域住民が利用する施設)についても同様のメリットがありますので、即ち、「人通りが多い」「人がよく集まる」ということが、物件選びのポイントとなって参ります。
この点において、ウエルシア薬局の開業物件は、そのいずれもがこれらのポイントを満たしておりますので、ウエルシア薬局が持つ強力な認知力が、先生の盛業を後押し致します。

これに対し、物件選びのもう一つの選択肢として、住宅地が挙げられます。住宅地での開業は競合が比較的少なくなりがちで、地域での評判(ネット上の口コミなども含めて)を確立できれば、安定的な集患が見込めるというメリットがあります。
しかしながら、一度悪い評判が経ってしまうと広がりやすく、解消もしづらくなるデメリットがあります。また、通勤に手間がかかってしまう立地の場合には、スタッフの確保が困難になる可能性があることにも留意しなければいけません。
これらの点から考えますと、住宅地での開業は、先生がその土地のご出身であるなど、地域との繋がりが強い場合(「〇〇さんの息子さんが開業したから行ってみよう」といったような来院動機が見込める場合など)の選択肢として考えられた方が無難ではないかと言えます。

物件の形態について

物件の形態は、大きくテナントと戸建てに大別されます。まずテナントのメリットとして、戸建てに比べて初期投資を抑えることができます。また、共用のエレベーターやバリアフリー設備、駐車場などを利用することで患者さんの利便性を高めることができます。さらに、医療モールであれば他科と連携することによる相乗効果(診診連携による集患)を見込むことも可能です。
ただし、院内レイアウトの自由度が低下したり、電気容量や給排水設備の仕様により、導入できる医療機器に制約が生じる可能性には注意が必要です。

次に戸建てのメリットしては、何といっても自由度の高さが挙げられます。大型の医療機器を導入することで他院との差別化を図ったり、ラグジュアリーな待合室・キッズスペースでホスピタリティの高さをアピールするなど、医療そのものを含めた先生の想いを最大限に具現化することができるでしょう。

結局どんな物件を選べばいいの?

どんな物件を選べばいいの?のイメージ画像

では、テナントと戸建てのどちらを選ぶことが良いのでしょうか。これについては、一概にどちらが正解とは言えません。また立地についても、先生がこれからされたい医療はもちろん、資金面や開業までの期間など、あらゆる要素から物件の形態を検討することが必要になります。

しかし、ウエルシア薬局の開業物件であれば、それぞれの良さを可能な限り追及した形態の物件を見つけることができます。
例えば、ウエルシア薬局が持つ広大な駐車場の一角に先生のクリニックを建築されれば、駐車場の整備にかかる予算を抑えながら、戸建ての物件で開業すること可能となります。さらに、ウエルシア薬局が持つ集客力が先生のクリニックの認知度を高め、それが先生のクリニックの集患力へと昇華することで、早期の盛業を実現することに繋がります。

先生がご開業を検討されるにあたり、物件選びでお悩みの際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
ウエルシア薬局では、先生のご希望にマッチした理想の開業物件を一緒にお探し致します。ぜひ一度、ウエルシア薬局にご相談ください。

Page Top