資金調達について

開業資金の調達方法は

資金調達についてのイメージ画像

医院・クリニックを開業するためには、物件の確保や内装工事、医療機器等の初期投資に相当金額が必要となります。また、開業の経営状態を様々なパターンで予測しながら、必要な資金をどのように調達するのかを計画することが重要です。

ウエルシア薬局では、資金調達に関するご相談を担当者が承るだけではなく、先生に有利な条件をご提示可能な金融機関や、医療経営に強い会計事務所などとの連携を図ることで、開業準備期間から開業後まで、安心して診療に専念して頂ける資金調達を実現いたします。
その上で、まずは主な開業資金の調達方法について、先生にもお知り頂ければと思います。

自己資金

先生の預金や退職金等の自己資金は開業時の基本的な財源となりますので、もちろん多いにこしたことはありませんが、実際には全体の10%~20%と言われており、自己資金がほとんどない状態で開業されたケースもございますので、自己資金が少ないからと言って開業を諦める必要はありません。
しかし、融資の審査においては、先生が自己資金拠出する、しないに関わらず、預貯金残高が多いほど事業に計画性があり、無理のない開業であると評価されるといった面もありますので、融資交渉については専門家と一緒に行うことが望ましいと言えます。

ご両親などからの提供

自己資金の他には、ご両親やご親族からの贈与や借入で資金提供を受ける先生もいらっしゃいます。
この場合、金融機関の融資評価は実質的に自己資金と見なされることもあり、できれば有り難く遣わせて頂きたいところですが、贈与税がかかる可能性や、借入の場合でも実質的に贈与とみなされることがありますので、専門家のアドバイスに沿って契約書を作成しておくなどの注意が必要です。

助成金

助成金とは、公的機関が政策的目的で事業者に支給するもので、返済の必要ないことが大きなメリットですので、開業をお考えになる上では、使える助成金の有無を確実にチェックしたいところです。
また、助成金の活用については、情報収集が非常に大きなポイントとなりますので、先に開業された先輩の先生などにご相談されることはもちろん、専門家からの情報提供を受けることが重要です。

融資

自己資金や助成金などを検討した後、不足する分については金融機関からの融資を受けることになります。医院・クリニックの開業に対する融資は、金融機関の多くが専門部署を立ち上げて積極的に取り組んでいますので、その中からどれだけ有利な条件で融資を受けられるかが重要です。
そのために、金融機関との交渉には専門家の協力が必要不可欠となりますので、ぜひ融資の交渉にも長けたウエルシア薬局へご相談頂ければと思います。

Page Top