診療圏調査について

診療圏調査とは

診療圏調査のイメージ画像

診療圏調査とは、先生のご開業希望地にて、どのくらいの外来患者数を見込めるかを算出する調査のことで、開業の成否を分けることにもなる重要な要素の一つになります。
例えば、内科系のクリニックであれば、徒歩10分以内の圏内から来院される患者さんが全体の80%程度を占めるとされていますので、ご開業希望地から500m~1km圏内で1日あたりの見込み患者数を計算し、それを周辺の競合クリニックとどう分け合うことになるかも勘案しながら、先生のクリニックにおける見込み患者数を見積もっていきます。

一般的な開業コンサルタントであれば、診療圏調査に関する計算ツールが用意されていますので、まずは大凡の見込み患者数を把握することは可能です。
しかしながら、調査結果の解釈には様々な切り口や考え方が存在し、数値だけを頼りにしてしまうことで想定外の結果(患者数の伸び悩みなど)を招くこともありますので、注意が必要です。

主な診療圏のポイント

人口について

住民基本台帳に基づいた診療圏内の人口を調べます。
その地域の総人口・昼間人口と夜間人口、男女別・年齢別などデータを使い分け、信頼できる結果を導き出すことが重要です。

交通機関について

診療科目から想定される診療圏が500m~1km圏内だとしても、例えばターミナル駅の至近で開業する場合など、診療内容にもよりますが、実際には10km圏内からでも来院が見込める場合もあります。
患者さんが利用される交通機関の状況や道路事情なども勘案し、患者さんがどう動くのか(交通機関をどう利用するのか)を検討することも必要になります。

競合医療機関について

診療圏内の医療機関数や診療科目を調査し、その中で見込み患者数を競合する医療機関とどう分け合うことになるかを検討します。
競合する医療機関が複数存在する場合などは、患者数が拮抗しているのか、あるいは一強他弱の状態であるのかといった状況を把握することも重要です。

ウエルシア薬局が考える診療圏
調査

ウエルシア薬局が考える診療圏調査のイメージ画像

先生のご希望地で開業された場合、どれくらいの患者さんが先生のクリニックへ訪れるのかを考えることは、即ち、先生が経営的に成功できるのか否かを検討することでもあります。
これは、どれだけ精度が高いされるツールを用いたとしても、数値だけで判断することは非常に難しく、一本道で正解を導くことはできません。
その点を踏まえ、ウエルシア薬局が考える診療圏調査とは、数値的な根拠に基づきながら、担当者の足で集めた生の情報と、各分野の専門家ネットワークを駆使した他にはない調査力を加えた「盛業が約束された開業地を探し出すこと」に他なりません。

例えば、競合医療機関の調査において、昨今の重要項目であるIT戦略を一つ挙げても、ホームページの有無といった一般的な内容に留まらず、競合医療機関のホームページがどのようなSEO(検索エンジン対策)を施し、どのような状況にあるのか(検索順位やGoogleからの認識状況など)、インターネット上の口コミがどうなっているのか等々、開業コンサルタント単独では到底取集できないデータを駆使することが可能になります。

ウエルシア薬局には国内最多の薬局数を全国展開してきたことで培った「人が集まる場所を選び、さらに育てるノウハウ」があります。そして、そのノウハウにも基づき完成された「先生が盛業されるための物件」を多数ご用意し、ご相談頂く機会をお待ちしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Page Top